Running Collegeは「ランニングのウィキペディア」を目指しています!

GPSウオッチを修理に出す時の注意事項

 

先日、僕のGARMIN245が故障しました。
全く充電ができなくなったんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kentaro Kitano(@kenkitano)がシェアした投稿

修理に出したのは2021年2月13日で、修理が終わり手元も戻ってくるまで3週間はかかると言われていました。
しかし、メーカーの方の対応といつもお世話になっているスーパースポーツゼビオフルルガーデン八千代店さんの対応のおかげで2月24日には修理品を受け取ることができています。
本当にありがとうございました。

今回はGPSウオッチのGARMIN(ガーミン)の不具合時に関して対応の仕方を書いておこうと思います。

こうしてGARMIN(ガーミン)の不具合が起きた

GARMIN(ガーミン)を購入したのは2020年7月8日です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kentaro Kitano(@kenkitano)がシェアした投稿

いつもお世話になっているスーパースポーツゼビオフルルガーデン八千代店さんで購入しました。
当然、初期不良や部品の欠損や不足などはありません。
故障や不具合もなく夏場は使用していました。

「あれ?」と思い始めたのは10月に入ってから。
「時々ボタンが押された状態で元に戻らない」「充電できない時がある」といった現象が出始めます。

「時々ボタンが押された状態で元に戻らない」というのはスタートしたらすぐストップするという現象が起きていました。
実は最初はこの現象で修理に出そうと思っていました。
でも何回か繰り返していると元に戻っていましたし、12月にはその現象が起きなくなっていましたので心配は途中でなくなってしまったのです。

一方「充電できない時がある」というのは充電用GARMIN(ガーミン)専用USBケーブルの接触が悪いという現象です。

この部分を本体の右側にある充電口に差し込んで充電します。

最初は問題なく充電できていましたが、だんだん充電が途中で途切れたり、最初は充電できないが接続部にケーブルを押し当てていると充電できたりという状態になっていったのです。

そして2020年2月12日に全く充電できなくなりました。

GARMIN(ガーミン)のホームページには接続部を清掃して汚れを取り再接続と記載されていましたが、それも効果がなく、諦めて修理に出したのです。

今回の故障の原因

今回の故障の原因ですが、メーカーからの回答はここが故障していたという記載はなく本体交換という対応となりました。

ケーブルに異常はないという回答は書面に記載されていたのでやはり本体側に何かしらの異常が起きたということなのでしょう。

本体に関しては「本体接点部分変色を確認」とありました。
これは充電するためにケーブルを接続するための部分です。
写真の中で指を刺している部分です。

予想ですが、この変色が充電できなかった原因のような気がします。
金属部品なので、汗とか皮脂汚れで変色したのかもしれません。

そうなると、ランニングして汗をかいたら、時計も軽く拭いたり水洗いをし日々汚れを落とす必要があります。

修理に出す時にやること

まず、GARMIN(ガーミン)本体に残っているデータは全てアプリに転送しておきましょう。
他社のGPSウオッチでも同じです。
修理に出す時は必ずデータを保管しておきましょう。

今回の僕のように本体交換という対応になったら、データは残りません。
そしてメーカーはデータを保存することまでは対応しません。

そして、保証書と購入日時がわかるものを揃えます。
購入時のレシートは必ず説明書と保証書と共にGPS時計の外箱と共に保管しておくのがオススメです。
保証書と購入時期がわかるものがないと保証期間中の無料保証はしてもらえません。
注意してください。

最後に、GPS時計を実店舗で購入したら、購入店舗に修理対応してもらうのが一番です。
今回はメーカーに直接出すこともできたのですが、メーカーからの連絡が仕事中に電話で来たり、メール連絡が迷惑メールに入ってしまって確認できなかったという経験があったということもあります。

でも一番の理由は個人よりもメーカーの取引先である店舗に任せた方が全てスムーズにいくと考えたからです。
修理に預けるときにこちらの希望は伝えたので、予定よりも早く修理から戻ってきたと思っています。

なお、インターネットで購入した場合は直接メーカーに送ることになると思います。

スポンサーリンク

最後に

GARMIN(ガーミン)を修理に出している間は以前使用していたGPSウオッチを引っ張り出して記録を取っていました。

譲らなくてよかったです。
本当に。

こんな時のために、買い替えても充電して使える状態にしておくことは大事かもしれません。

またスマホアプリもいい機会なので何回か利用してみました。
色々な種類のランニング用アプリがありますが、それぞれタイムもGPS機能も問題ないです。

ただ、GPSを起動して電波を多く受信しているからでしょうか、バッテリーのヘリが早いと感じます。
あとはペースを確認するとき、いちいちスマホを取り出すのは面倒です。
やっぱり時計の方に分があります。

今やランナーの必需品であるGPS時計。
本当は修理に出さないのが一番なので日々お手入れをしてあげてください。
僕も今後はそうします。

 

関連

note(ノート)

先日、僕のGARMIN245が故障しました。 全く充電ができなくなったんです。 その時の様子はインスタグラムにも投稿し…

 

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!